「未来を自分の手で切り拓く力」を育むロボットプログラミング教室

ロボットプログラミング教室で身につく2つの能力

1.豊かな創造力

  • ブロックを使って、自分が想像するロボットを自由に組み立てることができます。
  • ロボットの動きをイメージしながら、パソコンでプログラミングをします。

2.論理的思考力

論理的思考力とは、物事をきちんと整理して効率よく段取りを考えることです。

たとえば、「物をつかんで別の場所に運んで置く」動作をロボットにさせようとすると

  • ロボットをつかむ物に近づける
  • ロボットのアームを開く
  • 物をつかむ
  • ロボットを動かして別の場所に移動する
  • アームを開いて物を置く

という5つの動作をさせるプログラミングが必要になります。

複雑な動きをロボットにさせるほど、プログラミングが複雑になります。

しっかり論理的に考えて、プログラミングを組立てる必要があります。

勉強でも日常生活でも、効率的な手順=論理的思考力が大切です。

論理的思考力が身につけば、たくさんのことをきちんと整理して効率よく行うことができます。

3.左右の脳力がバランスよく発達

創造力は右脳を、論理的思考力は左脳を発達させます。

右脳が発達すると、5感を通じた「イメージ認識」が得意になります。

瞬時または直観的に外部情報をありのままに、見たまま認識・判断するため、記憶容量は左脳に比べて大きく、記憶の処理スピードも左脳とは比べものにはならないほど優れています。

左脳が発達すると、文字や数字を論理的に分析することが得意になります。