子どもが中学校1年生の夏、某進学塾の講習を受けました。そのときに「こんな成績では、到底公立高校なんて無理!」と一喝されたそうです。まだ中学校に入って1学期が終わっただけの時点でそんな風に言われたのも、子どもの心に深く傷となって残ったのか、塾に行くことをひどく抵抗しました。いよいよ進学を考え始める時期になって、ようやくめぐり合えたのがビクトリーでした。他の進学塾のような押しつけ感や強制感がなく、自主的な学習を見守ってもらえたようです。おかげさまで行きたくないとは一度も言うことなく進んで学習することができました。また創意工夫された教材も大変わかりやすく、受験だけでなく定期テストにもとても役に立ったようです。京都以外の受験校を選ぶことになった際にも、色々とお骨折りをいただいたようで本当にありがとうございました。

(O様)